あこがれのウェディングドレス

結婚が決まって、いよいよウェディングドレスを選ぶという段階になった時に、多くの新婦さんは購入かレンタルかを迷います。
いずれの場合でもメリット・デメリットがあるので、両面をみながら今の自分の状況に最も合っていると思われる方法を選択するのが良策です。
一生に一度だけの事なので大事な思い出に傷がつかないようにしたいものです。

ちなみに、ちまたではレンタルと購入とどちらの選択がより多くされているのか、100人の新婦にアンケートをとったものがあります。
圧倒的な割合でレンタルを選んでいる事がわかりました。
かつて結婚と言えばお家の問題でもありましたから、自分だけの勝手な思いだけでウェディングドレスを選ぶという事は少なく、母から子へ、時には姑から新婦へといった形で花嫁衣装が引き継がれていく、いわば家の資産であったりしたわけです。
しかし現代は経済的という意味で、どこの誰が使用したのかわからないお古を、手っ取り早く借りて場を済ますといった具合に、実に乾いた風潮が主流になっているとも言えます。

もっとも人前結婚から西洋式に形式が変わったといった時代の流れもあります。
オーダーなら自分の気持ちや体型、嗜好にもフィットしたものを準備できる良さがあるはずなのですが、少しでも安く購入したいと希望する人にとっては、そうした事は二の次の問題になっているという事になります。
どちらが良いとも悪いとも言えませんが、結婚はとかくお金がかかるものですから、予算を削れるところから削っていった結果が、ウェディングドレスをレンタルするという形になっていったとも考える事ができます。


[Special Site]
おしゃれな婚約指輪を安く購入出来る専門の通販サイトです > 婚約指輪